アニメ視聴→原作ライトノベルへのススメ

アニメ視聴→原作ライトノベルへのススメ

どうも、ノイです。

最近、一度視聴したアニメの原作ラノベを読むということにハマってます。これがまぁ楽しい。アニメを見て好きになった作品をより深く楽しむことができます。そこで、アニメを視聴してから原作を読むことの良さについて考えてみます。

新たな発見を楽しめる

アニメよりも原作ラノベの方が圧倒的に情報量が多いので、原作を読むと新たな発見があります。細かい設定だったり、キャラの心情だったりがきっちり書かれていたり、そもそもアニメではまったく語られていない話が原作にはあったりするからです。まぁアニメはテンポがよく進めないとダレちゃうので、話が削られるのは仕方ないですけどね。

最近読んだラノベの『魔法科高校の劣等生』なんかはアニメと比べて凄まじい設定の細かさでした(知らない方すいません。)
魔法に関する設定がまぁこまかい!物理の教科書でも読んでいるような気分になりました(笑)あと、主人公の達也の心情もしっかり書かれているので、『あ、こんなこと思ってたのね』と新たな発見があって楽しかったです。

魔法科高校の劣等生のアニメを見て、『はいはい、さすおに、さすおに』と思っていた人も、原作ラノベを読んだら、『さすがです!お兄様!!!』と思うかも知れませんね。いや、ならないかもしれないですけど。

結局何が言いたいのかというと、原作を読むと、アニメでは知りえなかった新たな発見があっておもしろいよということです。

絵柄の違いを楽しむ

アニメ絵と原作ラノベの挿絵では、絵柄がかなり異なる作品があります。どっちが良いという話ではなく、純粋に絵の違いを楽しもうぜってことです。

例えば私が超大好きなオーバーロードという作品の絵柄を比較してみます。

オーバーロードのヒロインであるアルベドさんで比較してみましょー。

アニメ版のアルベドさん↓

引用元:TVアニメ「オーバーロード」オフィシャルサイト http://overlord-anime.com/character.html?c=2

小説版のアルベドさん↓

引用元:オーバーロード 1 不死者の王

結構違いますよね!私はどっちかというと、小説の絵柄が好きです。なんていえばいいのかわかりませんが、塗りの感じが重厚というか?うーんよくわからないけど好きです(笑)
ただ、原作絵がアニメで動くとなるとそれもなんか違うかなーと思うので、動かすならアニメ絵の感じで良いと思ってます。

やっぱり媒体に適した絵柄があると思うので、アニメと原作の絵柄の違いを純粋に楽しむのがよいですね!

想像しやすい

何を?って話ですが、作中で書かれる風景や戦闘の様子やキャラの姿などですね。文章だけだとどうにも想像しにくい場面ってあると思います。それが異世界なんかだと特に。しかし、アニメから小説に入ると、当たり前ですがイメージが浮かんできやすいですよね。だって映像で見てますもん。また小説の第1巻は、物語の設定などが多く書かれるわけですが、すでに知っているので導入部分でつまづくこともないですね。

すでにアニメを見ていると、キャラのセリフなんかも脳内で勝手に音声付きで再生されるので臨場感たっぷり。原作からアニメに入ると、『想像していた声と違う・・・』なんてこともありますが、アニメから原作ではそういう心配もありませんね!

原作は1巻から!

一度アニメで見ているのに、小説も1巻から読む意味があるのか?と思う方がいらっしゃると思いますが、1巻から読むことをオススメしたいです。

というのも、アニメによっては、原作の1巻と2巻をメインにして、3巻5巻からも話を持ってきて再構成する、というような構成になっているものもあるからです。
また、原作の順番通りに話を構成しているアニメでも、話を簡略化している部分もあります。

ですので、1巻から読み進めても新たな発見がありますので、是非1巻から読んで欲しいと思います。

まとめ

以上、アニメを見たら原作小説も読んでみてはいかがですかという話をだらだらと書いてみました。

アニメを見て好きになった作品の原作小説を読めば、その作品をより一層楽しめるはずですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。